読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かしこいパパ・ママの教育ブログ

最新の教育情報も発信 小学生をもつパパ・ママを応援します

本はたくさん読まなくてもいいんです

国語の力をつけるには、読書をするのがいちばんだっていいますよね。

 

たしかに、本を読むと語いも身につくし、読解力も身につくと思います。

 

だけど、ただ本を読めばいいってものでもないようです。
読んだ気になって、内容までしっかり読んでいないこともあるからです。

 

学校での宿題にもパパママの前で5回音読するなんてものもあると思います。これだって、ただ5回ばくぜんと読んでも意味がありません。
書いてある内容を考えて読むことが必要です。

 
語いを身につけるには、パパ・ママが読み聞かせをしてあげてもいいんです。
それで、読み聞かせたあとに、だれが出てきた?とか、どんなお話だった?と聞くのです。
 
これで読解力も身につきます。

 

子どもは、親に本を読んでもらうのが大好きです。

 

とにかく本を読んでいれば、国語力があがるというわけではないようです。