読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かしこいパパ・ママの教育ブログ

最新の教育情報も発信 小学生をもつパパ・ママを応援します

親子の会話から語彙は増えるんです

国語の勉強をしていきますよね。

 

漢字、文法、物語や説明文の読解など
がんばってやります。

 

漢字はいちばんやりがいがありますよね。
勉強をすればするほど、おぼえていく。

 

文法の勉強もいろいろな問題をとけば
できるようになると思います。

 

読解力は、小学校のテストなら、
引用文をしっかり読んで、
答えを書き間違えない注意力があれば
いいんじゃないでしょうか。
そんなに簡単ではないかもしれませんが、
勉強すればちょっとずつできるようになるでしょう。

 

そこで、語彙です。
語彙って難しいんです。
聞いたことや読んだことがない言葉は
わからないんです。
聞いたり、読んだりしても、わからないままの言葉は
わからないんです。

 

そこで、パパ・ママの出番です。

 

例えば、「価格が安い。」の「価格」って何?と
子どもがきいてきたら、「物の値段」だと答えるでしょう。

「値段」って何?ときいてきたら、

 

「物を買うときにはらうお金のこと」と答えるかもしれません。

これだけで、「価格」「値段」「はらう」などの語彙が身につくのです。

 

説明できない言葉があったっていいんです。
国語辞典があるんですから。

 

いっしょに国語辞典で調べましょう。

 

とにかく会話していくうちに、いろんな言葉を
使うと思います。

 

そんな会話の中で語彙って増えていくと思うんです。