読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かしこいパパ・ママの教育ブログ

最新の教育情報も発信 小学生をもつパパ・ママを応援します

いっしょに選挙に行くんです

公職選挙法が変わって、
18歳未満の子どもが
投票所に入ることができるようになったんです。
公職選挙法 58条2項)

これからは、いっしょに投票所の中まで
入れるんです。

パパ・ママが、投票しているところを
見せてあげましょう。

そして、選挙に行くことがどれくらい大事かを
教えてあげるんです。

誰にいれたかは、言わなくてもいいと思うんです。
パパ・ママだってちがう人に入れているでしょうから、自由です。

でも、子どもにきかれたら、

パパ・ママのいちばん大事に思っていることを話すんです。

自分の一票を有効に使うように教えてあげるんです。

例えば、こんな話があります。

有力な候補とは別の人を選んだ場合、
どうせ入れたって無駄だからと選挙に行かなかったり、白票を投じる人がいるようです。

しかし、それは、有力な候補が当選するのを
結果的に助けていることになります。

自分が選んだ人を当選させるには、
やはり、その人の名前を書かなくてはならないのです。